cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School Global Education Center
Course Title
European Governance and Public Policy 2

Instructor FUKUDA, Koji/GEMMA, Masahiko/NAKAMURA, Hidetoshi/SUZUKI, Noriko
Term/Day/Period winter quarter  Fri.2
Category University Studies Eligible Year 1st year and above Credits 1
Classroom 3-601 Campus waseda
Course Key 9S09010289 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code INTB113L
First Academic disciplines International Relations
Second Academic disciplines International Public Policy
Third Academic disciplines Regional Integration Studies
Level Beginner, initial or introductory Types of lesson Lecture
  Open Courses

Syllabus Information

Latest Update:2019/03/01 08:36:18

Subtitle EU国際公共政策
Course Outline

欧州地域公共空間のあり方について,EU・欧州統合過程にある政治経済・行政・法・社会・文化の理論と実例を多角的,学際的に捉えることによって体系的に理解する。EUは,2007年には西欧・中東欧諸国を含む27加盟国へと拡大し,200912月リスボン条約が発効し,債務危機を経て欧州統合は新たな段階を迎えた。本講義では,欧州地域統合現象を事例として,欧州市民社会に開かれた地域公共空間の構築過程やEUの国際公共政策を考える。 講義形式で,PowerPointによるプレゼンテーションが中心となる。

Objectives 新聞やテレビ等マスメディアによるEU,欧州統合に関する報道に興味を持てるようになるだけではなく,現実に欧州公共空間で起こっている政治・経済・法・社会・文化問題について十分に理解し,各自の専攻する学問分野のディシプリンに基づいて,地域空間の持続可能な発展と安全,安心を保障するにはどのような制度・方策が実施可能であるのかを,日本と欧州を比較して自ら考えられるようになる。
before/after course of study 毎回,DVD,VTRなどの視聴覚教材を講義時に用い,またインターネットによるEU研究のための資料,文献情報の収集方法,分析手法についてもわかりやすく解説し,学生諸君の学習,自発的研究への導入を図りたい。授業には積極的に出席するとともに、提示される資料や動画などを参照し、事前・事後に予習と復習を行う必要がある。 毎週,1回ごとに完結するテーマで講義するので,シラバスに従って予習し,授業後に配付プリントにより要点を復習しておくこと。
Course Schedule 1 EU国際公共政策の特質ーEU国際公共政策と加盟国国内政策との関係(政治経済学術院・福田耕治)11・29
2 EU外交・安全保障・防衛政策(政治経済学術院・中村英俊)12・6
3 EU環境エネルギー政策(政治経済学術院・福田耕治)12・13
4 EU移民政策と市民社会(社会科学総合学術院・鈴木規子)12・20
5 EU社会政策・社会保障政策(司会:福田耕治・ゲスト講演者/引馬知子田園調布学園大学教授)1・10
6 Brexit後の欧州政治情勢とEU改革の行方(政治経済学術院・福田耕治)1・17
7 EU開発援助政策(国際学術院・片岡貞治)1・24
8 EU国際公共政策の比較とまとめ―定期試験1・31
Textbooks 福田耕治編『EU欧州統合研究―Brexit以後の欧州ガバナンス」(成文堂)2016年
Evaluation
Rate Evaluation Criteria
Exam: 80% 定期試験の受験には、原則として3分の2以上の出席が必要である。
Papers: 20% レポート提出には、原則として3分の2以上の出席が必要である。
Class Participation: 0% 平常点は点数化しないが、3分の2以上の出席が必要である。
Others: 0% 成績評価を受けるには、原則として3分の2以上の出席が必要である。
Note / URL 講義時に参考文献と関連URLを紹介する。

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read