cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
EU政治経済統合のガバナンスと国際公共政策 2

担当教員 福田 耕治/弦間 正彦/中村 英俊/鈴木 規子
学期曜日時限 冬クォーター  金2時限
科目区分 ユニバーシティ・スタディーズ科目 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室 3-601 キャンパス 早稲田
科目キー 9S09010289 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード INTB113L
大分野名称 国際関係論
中分野名称 国際公共政策
小分野名称 地域統合研究
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2019/03/01 08:36:18

副題 EU国際公共政策
授業概要

欧州地域公共空間のあり方について,EU・欧州統合過程にある政治経済・行政・法・社会・文化の理論と実例を多角的,学際的に捉えることによって体系的に理解する。EUは,2007年には西欧・中東欧諸国を含む27加盟国へと拡大し,200912月リスボン条約が発効し,債務危機を経て欧州統合は新たな段階を迎えた。本講義では,欧州地域統合現象を事例として,欧州市民社会に開かれた地域公共空間の構築過程やEUの国際公共政策を考える。 講義形式で,PowerPointによるプレゼンテーションが中心となる。

授業の到達目標 新聞やテレビ等マスメディアによるEU,欧州統合に関する報道に興味を持てるようになるだけではなく,現実に欧州公共空間で起こっている政治・経済・法・社会・文化問題について十分に理解し,各自の専攻する学問分野のディシプリンに基づいて,地域空間の持続可能な発展と安全,安心を保障するにはどのような制度・方策が実施可能であるのかを,日本と欧州を比較して自ら考えられるようになる。
事前・事後学習の内容 毎回,DVD,VTRなどの視聴覚教材を講義時に用い,またインターネットによるEU研究のための資料,文献情報の収集方法,分析手法についてもわかりやすく解説し,学生諸君の学習,自発的研究への導入を図りたい。授業には積極的に出席するとともに、提示される資料や動画などを参照し、事前・事後に予習と復習を行う必要がある。 毎週,1回ごとに完結するテーマで講義するので,シラバスに従って予習し,授業後に配付プリントにより要点を復習しておくこと。
授業計画 1 EU国際公共政策の特質ーEU国際公共政策と加盟国国内政策との関係(政治経済学術院・福田耕治)11・29
2 EU外交・安全保障・防衛政策(政治経済学術院・中村英俊)12・6
3 EU環境エネルギー政策(政治経済学術院・福田耕治)12・13
4 EU移民政策と市民社会(社会科学総合学術院・鈴木規子)12・20
5 EU社会政策・社会保障政策(司会:福田耕治・ゲスト講演者/引馬知子田園調布学園大学教授)1・10
6 Brexit後の欧州政治情勢とEU改革の行方(政治経済学術院・福田耕治)1・17
7 EU開発援助政策(国際学術院・片岡貞治)1・24
8 EU国際公共政策の比較とまとめ―定期試験1・31
教科書 福田耕治編『EU欧州統合研究―Brexit以後の欧州ガバナンス」(成文堂)2016年
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 80% 定期試験の受験には、原則として3分の2以上の出席が必要である。
レポート: 20% レポート提出には、原則として3分の2以上の出席が必要である。
平常点評価: 0% 平常点は点数化しないが、3分の2以上の出席が必要である。
その他: 0% 成績評価を受けるには、原則として3分の2以上の出席が必要である。
備考・関連URL 講義時に参考文献と関連URLを紹介する。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read