cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
不動産鑑定士による不動産学 2(早稲田大学校友会支援講座)

担当教員 大場 浩之
学期曜日時限 冬クォーター  水4時限
科目区分 ユニバーシティ・スタディーズ科目 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室 7-205 キャンパス 早稲田
科目キー 9S09010323 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード LAWH182L
大分野名称 法学
中分野名称 その他法学
小分野名称 その他
レベル 初級レベル(入門・導入) 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2019/07/23 13:30:14

副題 知っておきたい不動産の基礎と応用
授業概要

本講座では、不動産が注目される場面を紹介しつつ、不動産という財の特性と、これを動かす価格の原則について、専門家たる現役の不動産鑑定士が、実務経験や分かりやすい実例を交えて講義を行う。

不動産は人の生活や企業活動にとって欠かすことのできない重要な資産である。

それゆえ、日々の生活や企業活動のあらゆる場面で、不動産に絡む様々な問題が生じ、想像以上に多くの人が、その生涯を通じて何らの問題に直面することになるが、不動産は他の一般の財とは異なる特性を有するため、その価値判断が難しく、問題の所在の把握やその解決を困難にしている現実がある。

内容とそのレベルは初学者を念頭に置いているが、単なる不動産鑑定評価基準の解説ではなく、経済学、地理学、歴史学、民俗学、法制史、環境学、統計学、金融工学等の幅広い分野の初歩的な内容を含んでいる。

授業の到達目標  不動産及び不動産市場の特性、その価格の形成過程を理解し、受講生が将来どのような分野に進むとしても役に立つ素養として、不動産及びその価値判断に関する知識を身につけることを目標とする。

 不動産鑑定士の資格取得に興味を持つ受講生に対しては、学習方法や資格取得後の活動分野を紹介する。さらには、不動産に関する最新の潮流にも触れるので、不動産ならではの特性を掴むにはどのような知見が必要かも理解し、これらを新たな興味分野として自己開拓してもらいたい。
事前・事後学習の内容 特に予習の必要はないが、各講師が配布するレジュメの復習を求める。
授業計画
1:
第1回:不動産と法律
民法を中心に、借地借家法、不動産登記法等を解説し、不動産に関する法律的な把握の仕方を解説するとともに、基本となる所有権とその絶対性の制限について、その他の権利について講義する。
2:
第2回:都市再開発法とまちづくり
不動産と関連の深い法律のうち、都内で良く目にする再開発事業の法的根拠たる都市再開発法が規定している具体的内容を、再開発によって生まれ変わったまちづくりの実例紹介とともに講義する。
3:
第3回:土地の有効活用
国の特区~再開発手法など法制度を説明したのち、町並みに合わせて仕舞た屋、空き家、遊休地などの活用が進む実例を提示して不動産の有効活用について講義する。
4:
第4回:不動産投資

不動産投資は誰がどのように行っているのか、その実態と投資対象としてのメリット・デメリットを解説するとともに、不動産投資を行う場合の留意点・着眼点を解説する。

5:
第5回:不動産の証券化

不動産市場と金融市場の融合を目的としたREIT市場の仕組みとその動向を中心に、不動産鑑定評価の役割を不動産のデューディリジェンスを含めて解説する。

6:
第6回:不動産評価と企業価値評価   ~評価のやり方はどちらも同じ?~

価格の三面性は資産評価の共通原則であること。企業価値評価が必要となる背景・場面等を踏まえ、企業価値評価手法と不動産評価手法の類似点と相違点を踏まえて解説する。

7:
第7回:統計的手法による価格検証

ビッグデータの取扱いと回帰分析の初歩的な解説を踏まえ、公示価格、市街地価格指数等の時系列データ、土地総合情報システム(国土交通省)のデータ等WEBの実践的活用とその限界を併せて講義する。

8:
第8回:海外不動産の実情と日本不動産市場の将来展望
海外不動産の実情と対比しつつ、人口減少社会における日本の不動産の価格変動について、総括としての講義を行う。
教科書 基本はPPTのハンドアウトとする。
参考文献 山野目章夫監修 東京都不動産鑑定士協会編「不動産実務ガイド(第3版)」(中央経済社)
日本不動産鑑定士協会連合会監修「要説 不動産鑑定評価基準と価格等調査ガイドライン」(住宅新報社)
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 70% 毎回講義終了後にミニテストを行う。
平常点評価: 30% 講義への出席、授業態度などを総合的に評価する。
備考・関連URL

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read