cheader

View Syllabus Information

View Syllabus Information

  • Even after classes have commenced, course descriptions and online syllabus information may be subject to change according to the size of each class and the students' comprehension level.

main start

Course Information

Year 2019  School Global Education Center
Course Title
Gender and Education 2

Instructor MURATA, Akiko
Term/Day/Period summer quarter  Fri.3
Category University Studies Eligible Year 1st year and above Credits 1
Classroom 7-310 Campus waseda
Course Key 9S09020439 Course Class Code 01
Main Language Japanese
  Course Code GDRX105S
First Academic disciplines Gender
Second Academic disciplines Gender
Third Academic disciplines Gender
Level Beginner, initial or introductory Types of lesson Seminar
  Open Courses

Syllabus Information

Latest Update:2019/03/01 08:36:18

Course Outline

本演習では、わたしたちの性/生をジェンダー、セクシュアリティの視点から分析し、学校教育、とくに大学教育において求められるジェンダー平等教育のあり方を考察する。

研究にあたっては、グループワークの方法をとって解明していく。

Objectives (1)性に関わるわたしたち自身の経験をふりかえり、他者と共有し得る言葉として表現をする。
(2)社会的、文化的、政治的、経済的、歴史的な諸状況とそれらの課題について、ジェンダーの位相から分析、記述する。
(3)今日求められるジェンダー平等教育のあり方を考察する視点を獲得する。
before/after course of study 予習として事前配布やCourse N@viに掲載する資料等を事前に読了することを求めます。各回の予習には90分~120分かかると想定されます。
また、グループワークは、事前の準備と事後の振り返りを含みます。
Course Schedule

第1回:オリエンテーション;各自の問題意識の提示、共有

 

第2回:大学におけるジェンダー・セクシュアリティ①

大学教育の歴史を通して

 

第3回:大学におけるジェンダー・セクシュアリティ②

女子大学の歴史を通して

 

第4回:大学におけるジェンダー・セクシュアリティ③

専門職教育を考える  

 

第5回:大学におけるジェンダー平等教育のあり方を考える ①

 

第6回:大学におけるジェンダー平等教育のあり方を考える 

 

 

第7回:総括①

わたしたちの学習の展開を整理し、身近なところにある性/生についての課題を探る。 

 

第8回:総括

わたしたちの学習の展開を整理し、大学教育におけるジェンダー平等教育の展望を考察する。
Textbooks 指定しない。
Reference 村田晶子『女性問題学習の研究』未來社、2006
小林富久子、村田晶子、弓削尚子編『ジェンダー研究/教育の深化のために -早稲田からの発信ー』彩流社、2016
村田晶子・弓削尚子『なぜ大学でジェンダー教育をおこなうのか』青弓社、2017
Evaluation
Rate Evaluation Criteria
Exam: 0% なし
Papers: 50% 論理性、事実認識
Class Participation: 50% 主体性、協働性
Others: 0% なし
Note / URL

ジェンダーと教育1,2を受講することが望ましい。

受講者の興味関心に応じて授業計画内容を変更する場合がある。

 

Top of Page

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read