cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
博士実践特論A:イノベーションリーダーシップ 01

担当教員 朝日 透/杉浦 正和/鶴谷 武親/島岡 未来子/谷 益美
学期曜日時限 集中講義(春学期)  無その他
科目区分 イノベーター/アントレプレナー養成科目 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室 11-914(演習室) キャンパス 早稲田
科目キー 9S91010012 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード GENX701L
大分野名称 総合/学際
中分野名称 総合/学際
小分野名称 総合/学際
レベル 博士レベル 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2017/05/25 18:48:13

授業概要

産業界ならびにアカデミアにおいてイノベーションを惹起するためには、研究力を高めるだけでなく、マネジメント力、リーダーシップ、ネゴシエーション力などが必要になります。本講義では、それらの力を高めるための考え方や基本的スキルを学びます。
クラスは、教員とクラス参加者あるいはクラス参加者同士のインタラクティブ(双方向)のものとなります。単に出席するだけではなく、自ら主体的に学びの場に「参画」し、互いに「コミュニケート」することが求められ、場合によってはそのような場を講師と共に「マネージ」し、さらに「リード」していくことが期待されます。

授業の到達目標 リーダーシップとは何かを考えさせ、それを発揮するための思考力や交渉力を養うことを目標としています。
授業計画

【講義は土曜日に行うが日時の変更可能性あり】


※教室は「11号館 914」です。

4月15日(土)に限り、講義開始時刻に時間変更があります。

 第1回講義開始時刻は16時〜、第2回講義は17時〜となります。

※5月27日(土)の教室は、「11号館915」となります。ご注意ください。


1回:4/15(土)4限 オリエンテーション(朝日) 

2回:4/15(土)5限 リーダーシップ1(杉浦)
3回:4/15(土)6限 リーダーシップ2(杉浦)
4回:4/15(土)7限 リーダーシップ3(杉浦)

5回:5/13(土)3限 ネゴシエーションスキル1(鶴谷)  

6回:5/13(土)4限 ネゴシエーションスキル2(鶴谷)

7回:5/20(土)3限 ネゴシエーションスキル3(鶴谷 

8回:5/20(土)4限 ネゴシエーションスキル4(鶴谷)
9回:5/27() 3限 ネゴシエーションスキル5(鶴谷) 

10回:5/27(土)4限 ネゴシエーションスキル6(鶴谷) 

11回:6/3(土)3限 リーダーシップ4(谷)

12回:6/3(土)4限 リーダーシップ5(谷)

13回:6/3(土)5限 リーダーシップ6(谷)

14回:6/10(土)3限 ファシリテーティブ・リーダーシップ1(島岡、朝日)

15回:6/10(土)4限 ファシリテーティブ・リーダーシップコーチング2(島岡、朝日)

参考文献 1. 「交渉ハンドブック」, 藤田忠監修, 東洋経済.
2. 「ハーバード流交渉術」, フィッシャー著, 三笠書房.
3. 「木を見る西洋人 森を見る東洋人」, ニスベット著, ダイヤモンド社.
4. 「マーケティングの心理学」, 重田修治著, アスカビジネス
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0% テストは実施しません。
レポート: 30% 講師が出す課題のレポートを提出
平常点評価: 60% 対話型講義ならびにグループディスカッション型講義に対する参加度
その他: 10% 講師から指定されたコミュニケーション能力養成のためのセミナーやシンポジムへの参加とそのレポート
備考・関連URL

・定員30名を超えた場合は抽選とします

・3回以上の欠席は単位が取得できません


本科目は、グローバルエデュケーションセンターの実践型教育プログラム「ビジネス・クリエーションコース」の対象科目です。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read