cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2017年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
イノベーションとテクノロジー基礎 β:人工知能・先端ロボットテクノロジーの基礎とスタートアップを学ぶ

合併_主管_【大学院-学部】

担当教員 朝日 透/樋原 伸彦
学期曜日時限 夏クォーター  水6時限
科目区分 イノベーター/アントレプレナー養成科目 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室 53-401教室 キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 9S91010021 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード MANX651L
大分野名称 経営学
中分野名称 経営学
小分野名称 アントレプレナーシップ
レベル 修士レベル 授業形態 講義
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2017/07/18 10:58:53

副題 人工知能・先端ロボットテクノロジー・バイオテクノロジーの基礎とスタートアップを学ぶ
START-UP OF ARTIFICIAL INTELLIGENCE, ROBOT TECHNOLOGY, BIOTECHNOLOGY
授業概要

人工知能、ロボットテクノロジー、及び医療テクノロジーとそれらのテクノロジーの融合の分野でスタートアップに興味のある学生に、シリコンバレーで活躍しているアントレプレナーらのビジネスのスタートアップの実例を学ばせ、さらに、デザイン思考やバックキャスティング思考を学ばせるとともに、テクノロジーベースの新規事業の立ち上げの際に留意することなどをゲストスピーカーからの実体験など聞いて、産学界におけるイノベータ―に必要なことは何かを学ぶ。
全ての講義はインタラクティブな講義とする。
なお、イノベーションとテクノロジー基礎αも履修することを強く推奨し、両授業を履修した学生の中から評価の高かった学生は「インターンシップ@シリコンバレー」プログラムへの参加(渡航費及び宿泊費はプログラムが負担)の権利を得ることができる。渡航までに英語コミュニケーション力を備えていることがプログラム参加要件となる。

授業の到達目標 グローバルな課題への洞察、異文化・歴史への理解、進歩する科学技術への知識を備え、新しいビジネスを構築し、リーダーシップを発揮しながら、周囲を巻き込んで実践できる将来のイノベータ―の卵を養成する。
本授業は、地球規模の環境問題、複雑化する国際情勢に対して、アントレプレナーまたはイントレプレナーとして、課題の解決に寄与できる人材を養成するためのカリキュラムの一つとして位置づける。
事前・事後学習の内容 適宜、コースナビより事前学習を指示する。
授業計画

第1回:6月14日
朝日、ゲスト:中山五輪男 ソフトバンクロボティクス株式会社首席エヴァンジェリスト
人工知能がビジネスを変える


第2回:6月21日
朝日、ゲスト:松倉大士 株式会社ispace technologies Chief Mission Officer
宇宙ビジネススタートアップ:ベンチャーのスペーステクノロジーへの挑戦


第3回:6月28日
朝日、ゲスト:澤谷由里子東京工科大学教授
デザイン思考のススメ


第4回:7月5日
朝日、ゲスト:脇谷勉Honda イノベーションラボ Tokyo上席研究員
人工知能と自動車産業1


第5回:7月12日@HondaイノベーションラボTokyo
朝日、ゲスト:Prof. Dr. Bernhard Sendhoff, President, Honda Research Institute Europe/Professor, Technical University of Darmstadt, Germany/Honorary Professor, School of Computer Science, University of Birmingham, UK
人工知能と自動車産業2


第6回:7月19日
樋原、ゲスト  武田隆太 Leave a Nest America Inc. President
結果的にイノベーション

 

第7回:7月26日
樋原、ゲスト  前田祐二郎 東京大学 医療イノベーションイニシアティブ 特任助教
シリコンバレーとバイオデザインプログラム

 

第8回:8月2日
樋原、ゲスト 竹井悠人 株式会社bitFlyerソフトエンジニア
フィンテックって何だ?

 

【参考】

---------------------------
・アルファ
第1回:4月19日
朝日、ゲスト宮田拓弥Scrum Ventures Founding Partner
シリコンバレーで活躍するイノベータ―の素顔1
第2回:4月26日
朝日、ゲスト:渡邊哲マキシマイズ代表取締役
ビジネスモデル・ナビゲーターによるシステマティックなビジネス創造1
第3回:5月10日
朝日、ゲスト:渡邊哲マキシマイズ代表取締役
ビジネスモデル・ナビゲーターによるシステマティックなビジネス創造2
第4回:5月17日
朝日、ゲスト:脇谷勉Honda イノベーションラボ Tokyo上席研究員
人工知能とロボットテクノロジー1
第5回:5月24日
朝日、ゲスト:宮田拓弥Scrum Ventures Founding Partner
シリコンバレーで活躍するイノベータ―の素顔2
第6回:5月31日
朝日、ゲスト:澤谷由里子東京工科大学教授
バックキャスティング思考のススメ
第7回:6月7日 18:15-19:45
朝日、樋原:ゲスト岡部達哉Honda イノベーションラボ Tokyo主任研究員
人工知能とロボットテクノロジー2
第8回:6月7日 20:00-21:30
朝日、樋原:ゲスト岡部達哉Honda イノベーションラボ Tokyo主任研究員
グループディスカション

---------------------------

成績評価方法 ペーパー試験はありません。レポートの提出があります。
授業への参加積極度やグループディスカションへの貢献度などにより、評価されます。
予め指示された本講義に関係するセミナー、シンポジムへの参加も評価の対象となります。
備考・関連URL

本科目は、グローバルエデュケーションセンターの実践型教育プログラム「ビジネス・クリエーションコース」の対象科目です。

「早稲田大学イノベーション教育プログラム 『HondaイノベーションラボTokyo教育研究プログラム』」への指定寄付により運営されています。


*担当教員連絡先 朝日 透:tasahi@waseda.jp

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read