cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2014年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
CSRマネジメント実践 02

担当教員 朝日 透
学期曜日時限 秋学期  無その他
科目区分 ユニバーシティ・スタディーズ科目 配当年次 1年以上 単位数 2
使用教室   キャンパス 早稲田
科目キー 9S91020022 科目クラスコード 02
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード ZZZZZZZZ
大分野名称 指定なし
中分野名称 指定なし
小分野名称 指定なし
レベル 指定なし 授業形態 指定なし
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2014/03/10 16:18:07

副題 ISO26000実践的トレーニング
授業概要   早稲田大学博士キャリアセンターが学外企業と連携して主催するプロジェクト「実践型研究リーダー養成:社会問題解決リーダー育成のための文理相乗連携プログラム」(秋冬学期または夏季に実施)に参加登録したのち、21世紀型の企業経営ツールとして注目される国際規格ISO26000を活用した具体的なCSRコンサルティング手法を講義で身に着けたうえで、数名のチームを組んで、本業CSRに取り組もうとしている企業を実際に訪問し、講師(黒澤正一 理工学術院総合研究所 客員上級研究員)プロデュースのコンサルティング・ツールを実際に使用してCSR経営分析を行い、最終的には訪問企業への提案書を仕上げてプレゼンテーションを行う。当該プロジェクトを修了した場合、担当教員によってレポート、平常点、プレゼンテーションなどの成果をもとに成績が評価され、翌学期に単位取得が可能である。
授業の到達目標 本業CSRの要点を理解し、CSRマネジメントの手法と力量を身に付ける。
授業計画
1:
第1回
訪問前講義①「本業CSR専門知識を固める」
2:
第2回
訪問前講義②「マネジメントシステムの要点を身につける」
3:
第3回
訪問前講義③「ISO26000を精読する」
4:
第4回
訪問前講義④「訪問前準備」
5:
第5回
企業訪問①-1「ヒアリング、ガバナンス」
6:
第6回
企業訪問①-2「ヒアリング、ステークホルダ」
7:
第7回
訪問前講義⑤「第2回訪問前準備」
8:
第8回
企業訪問②-1「ディスカッション、ギャップ分析①マネジメントシステム」
9:
第9回
企業訪問②-2「ディスカッション、ギャップ分析②SHコミュニケーション」
10:
第10回
訪問前講義⑥「第3回訪問前準備」
11:
第11回
企業訪問③-1「提案、プレゼンテーション」
12:
第12回
企業訪問③-2「提案、ディスカッション&ディベート」
13:
第13回
事後講義・提案書作成①「情報整理」
14:
第14回
事後講義・提案書作成②「提案書ブラシアップ」
15:
第15回
プレゼンテーション実践
成績評価方法
割合 評価基準
試験: 0% 試験は実施しない
レポート: 30% 訪問企業で作成する「CSRマネジメントマニュアル関係文書」
平常点評価: 40% 出席率、リーダーシップ、貢献度、成長度(技能ヒアリング)
その他: 30% プレゼンテーションによる要点の網羅度
備考・関連URL 早稲田大学博士キャリアセンター
プロジェクト「実践型研究リーダー養成:社会問題解決リーダー育成のための文理相乗連携プログラム」(秋冬季)
http://www.waseda-pracdoc.jp/

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2017.All rights reserved.

read