cheader

シラバス詳細照会

シラバス詳細照会

  • 講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

main start

授業情報

開講年度 2019年度 開講箇所 グローバルエデュケーションセンター
科目名
AIビジネスクリエーション α

合併_主管_【大学院-学部】

担当教員 朝日 透/鶴谷 武親/小川 雄太郎/稲村 博央
学期曜日時限 春クォーター  月6-7
科目区分 イノベーター/アントレプレナー養成科目 配当年次 1年以上 単位数 1
使用教室 54-401教室 キャンパス 西早稲田(旧大久保)
科目キー 9S91030005 科目クラスコード 01
授業で使用する言語 日本語
  コース・コード MGTX651P
大分野名称 経営工学
中分野名称 経営工学
小分野名称 経営情報システム
レベル 修士レベル 授業形態 実践/フィールドワーク/インターンシップ/ボランティア
  オープン科目

シラバス情報

最終更新日時:2019/04/04 09:42:49

副題 AI・機械学習を活用したビジネスモデルを考える
授業概要

人工知能技術や機械学習を用いたビジネスの現状の概要を知るとともに、まず、ビジネス事例を学ぶ。次いで、ハンズオンで人工知能技術や機械学習を用いたツールを習得し、将来のビジネスシーンにおいてそれらのテクノロジーがどのように活用できるかを実践的に考える能力をグループワークなどを通じて養成する。

授業の到達目標 人工知能技術や機械学習を駆使して、新しいビジネスモデルを提案できる知識とスキルを身に付けることを目的とする。
事前・事後学習の内容 授業は隔週で実施する。授業のない週は予習・復習・授業中に課された宿題に従事する。
授業計画

第1回 4月8日(月) 6限 オリエンテーション・ AIビジネス (鶴谷、朝日)
第2回 4月8日(月) 7限 アイスブレイキング(鶴谷、朝日、小川、稲村)
第3回 4月22日(月) 6限 AI・機会学習ビジネスの事例から学ぶ1 (小川、稲村)
第4回 4月22日(月) 7限 グループ分けの説明、グループ分けと簡単なグループワーク(小川、稲村)
第5回 5月13日(月) 6限 AI・機会学習ビジネスの事例から学ぶ2 (小川、稲村)
第6回 5月13日(月) 7限 AI・機会学習プロジェクトの進め方1 (稲村、小川)
第7回 5月27日(月) 6限 AI・機会学習プロジェクトの進め方2 (稲村、小川)
第8回 5月27日(月) 7限 グループワークおよび講評 (小川、稲村、鶴谷、朝日)

成績評価方法
割合 評価基準
レポート: 40% 期末レポートの提出
平常点評価: 40% 授業への参加度と、毎回のコースナビを通したレビューシートの提出
その他: 20% グループワークでのグループへの貢献度や関連のセミナーやシンポジムへの参加
備考・関連URL

3回以上の欠席は単位を取得できない。(欠席は2回まで)

ページの先頭へ戻る

Copyright © Media Network Center,Waseda University 2006-2019.All rights reserved.

read